集合住宅模型

住宅ローンの支払いは借り換えがお勧め|金融商品を上手に利用

得すること

不動産

住宅ローンが困難になった場合は、そのまま返済を未払いのまま続けると自分が所有している不動産を差し押さえになる可能性があります。その可能性を低くするには、任意売却を行うほうが所有していた人物には得な部分があります。得な部分というのは、任意売却をした場合は不動産会社に売却希望額を伝えてその金額に近い価格で売却をお願いすることができます。その為、返済額がそこまで多くない場合は返済額を超えた金額は全て自分のお金として戻ってくることになります。例えば、1000万円の返済額が残っていた場合、1500万円で売却が成立すれば500万円は自分の手元に戻ってくることになります。手元に戻ってきたお金に関しては、何に使おうが本人の自由です。ですから、競売にかけられるよりも得なことになります。競売にかけられた場合は、任意売却よりも低価格で売られてしまうことが多いので、その残ったお金は負債として自分が抱えることになります。

住宅ローンを組むということは、マイホームを建てたという人が多いです。その為、新築でも中古でもしっかりと住宅ローンの返済計画を立てた上でローンを組むことになります。ですので、本来であれば返済が困難になることはないように計画をします。だから、任意売却や競売にかけられたくない人は返済計画通りに返済を行うことを意識します。そうすれば、後に任意売却などを行わなくても自分の家として住み続けることができます。